新潟県中小企業家同友会
025-287-0650 お問い合わせ

燕支部

支部の具体的な活動

・1回/月 幹事会(なじら会)ランチミーディング
例会感想・報告、次回例会の協議、理事会の報告、自身の近況報告など。
・1回/月 例会(3~4班に分かれて担当班で企画・設営)
企業・仲間・同友会づくりをテーマとして各班でテーマに沿った例会づくり。
1例会に1ゲストを心掛け、会員外にも参加しやすい例会づくり。
・BBQ納涼会(その他ボーリング大会)・紅葉狩り・ゴルフコンペ
会員外(社員)・家族(子供)にも参加してもらうようなイベント開催。

支部紹介

燕支部は、50数社からなる新潟県内でも会員数が(2番目に)多い支部。お隣り、三条支部とは他支部間での距離がかなり近いということもあり、年数回の合同例会を行なったり、交流を深めている。県央地域ということもあり、他支部の例会への行き来が比較的容易で参加率も高い。会員は、同友会に対する個々の熱量は違えど、横のつながりが造られており、お互いに協力・助け合いながら活動をしています。新年会・望(忘)年会はもちろん、BBQや紅葉狩りと会員外(社員)・家族(お子さん)とのつながりもあり、アットホームな関係を築いています。

支部長 吉田 篤(株式会社吉田工業
副支部長 藤田 広貴(株式会社藤田組
副支部長 澁木 恒利(株式会社創明工芸
副支部長 田中 聡美(株式会社東新
副支部長 吉田 優(share salon LiB

お知らせ

まだ記事はありません。

例会案内

  • 燕支部10月28日例会【行動と実践! 人との繋がりから新たな仕事を創造!】
    02例会案内 04燕支部

    報告者 斎藤 和也 氏 株式会社ドッツアンドラインズ 代表取締役 (会員外 燕市)

    会場 Zoom

    詳しく見る
  • 9月17日 燕支部9月例会 毎日が【プロジェクトX】社屋はボロでも、やることは最先端!
    04燕支部

    報告者 武田 修一 氏 株式会社武田製作所 代表取締役

    会場 Zoom

    詳しく見る
  • 燕支部8月 企業訪問例会
    04燕支部

    報告者 ミノル製作所㈱ 本多貴之さん ・㈱創明工芸 澁木恒利さん

    会場

    詳しく見る

報告

  • 9月17日(金) 燕支部9月例会が開催されました!

    『社屋はボロでも、やることは最先端!毎日がプロジェクトX』

    燕支部9月例会が、Zoom開催されました。

    株式会社武田金型製作所 代表取締役 武田 修一氏(会員外)からご報告をいただき、21名が参加しました。

     

    【室長レポート】

    金型という、「認知度は低いが、金属の製品ほとんどに必要不可欠なもの」についての紹介。
    この金型をどのようにしてアピールするのか、普段日を浴びない商品をどうPRするのか。
    しかも、金型はお客様に依頼されて作るオーダーメイド。
    当然金型自体は、新商品の機密情報のため、そのまま展示会などに出すわけにはいかず、
    「金型屋」としてのアピールの難しさを感じたそうです。

    仕事やと取組みだけでなく、間接的な技術アピールや失敗談を掲載した「武田金型新聞」。
    発信を見てくれる人がいることを知り、プロモーションビデオを作成。
    工場見学の受け入れなどを通し、対外的なアピールを続けました。

    そして生まれた「マジックメタル」で世界の度肝を抜くことになります。
    https://www.youtube.com/watch?v=Ykzxlpu6W2A
    商品ではありませんが、これが多くのメディアに取り上げられました。

    これらの取り組みは、武田社長の「おもしろそう」がきっかけで始まったことです。

    武田社長は最後に「重要なのは、まずやってみること」とおっしゃってました。
    武田社長の凄い所はそれを「とことんまでやる」ことと、
    それが一回だけでなく「他にも色々やってみる」ことだと感じました。

    その後のグループ討論ででた「各社のアピール方法」も含め、
    とても勉強となる例会となりました。

     

    報告者 武田 修一氏 株式会社武田金型製作所 代表取締役(会員外)
    座 長 加藤 勝巳氏 有限会社カトウ鉄工(燕支部)
    室 長 小林 大士氏 小林鉄工株式会社(燕支部)
    04燕支部
  • 2021年7月19日(月)燕・三条支部合同例会が開催されました!

    【やるなら今しかない!!不安と不満だらけの新事業。~創業100年目の英断!その結果は…~】

    燕支部と三条支部の合同例会が開催されました。
    報告者は上越支部の大嶋哲さん。
    上越からZoomで参加していただき、参加者は会場・Zoomを合わせて30名での開催となりました。

    例会の中で紹介されていた大嶋さんのポイントは以下の通りです。
    ☆人生のターニングポイントは、中国の代展示会!⇒市場を知る事の大切さ!
    ☆新事業への展開の決断と判断!⇒やるなら今しかない!!というタイミング
    ☆「フルカーボンロードバイク」という趣味を商売に展開!⇒自社の関連事業からの展開ではなく、視点を変えての新事業。知識のある分野の市場規模に着目。
    ☆社員の理解・信頼!⇒「社長が勝手にやるなら・・・?」から協力してもらえるようになるまで
    ☆ターゲットを絞って、できるだけ安く!質のいいモノを!⇒相場25万円のロードバイクは始めづらい…けど12万円でいいものがあるなら始めてもいいかも!?

     

    報告者 大嶋哲氏 越後繊維㈱ 代表取締役(上越支部)
    毘沙HP:https://bisya.jp/#!/up
    座 長 古川敦義氏 ㈱NODA 代表取締役(三条支部)
    室 長 藤田広貴氏 ㈱藤田組 取締役(燕支部)

    01合同例会 04燕支部 05三条支部 活動報告
  • 2021年6月23日 三条支部 x 長岡支部 x 燕支部 x 青年部会 コラボ例会が開催されました!

    2021年6月23日(水) 三条支部 x 長岡支部 x 燕支部 x 青年部会によるZoomと会場によるハイブリット例会が開催されました。

    報告者に(株)ハーヴィッド 代表取締役社長 小田利洋氏(新潟県中小企業家同友会 副代表理事)を迎えて、

    『覚悟のあるやつだけが生き残る。100か0か!?決断力の経営』をテーマに報告していただきました。

    【概要】

    小田氏の創業者としてのマインドや、野心などは強烈に心に響くものがありました。やりたい事が出来る喜びと、その苦しみ。常に挑戦し続けることで、直面していく問題と葛藤。先が見えないこのご時世であるが、見極める確かな目を養い、踏み込む能力、スピード感、変化の質を意識し高め、進まなければ明るい未来は切り拓けないと学びました。

    1人で経営することにこだわりを持っていないと、お話しされていました。それは、役割分担を行い、任せることで、さらなるステージに挑戦する為であり、何より同じレベルで話が出来ることは成功につながる一歩だと。これからは拡大でなく発展。シナジー効果が大いに期待できると、とても熱い報告でした!

     

     

    04燕支部 05三条支部 11長岡支部 青年部会
     

入会案内・お問い合わせ

中小企業の経営者及びこれに準ずる方で、会の趣旨に賛同される方は、どなたでもご入会いただけます。
また、会員企業の社員の方や会員でない方も参加できる行事があります。

025-287-0650
メールでのお問い合わせ