新潟県中小企業家同友会
025-287-0650 お問い合わせ

新潟支部

何が問題なのか? 一人で悩んでいませんか?
新潟支部で自社(自身)の経営課題を発見できます!

このキーワードが気になったら・・・
「後継者がいない・・・」「社員がすぐに辞める・・・」「事業がうまくいかない・・・」
「5年後の会社がイメージできない・・・」「経営理念がない・・・」 等

「本を読む事も大切、それ以上に〝 生の経営者の実践(声)を聴く事 〟も大切!

具体的な活動内容

●支部例会
(毎月1回) 〝経営体験(実践)報告〟&〝グループ討論〟
●なじらンチ
(毎月2回)  お昼を持ち寄り〝近況報告〟&〝お悩み相談〟
●たまひよ勉強会
(毎月1回) 〝新米経営者と先輩経営者〟の手作り勉強会
●会員企業訪問
( 不定期 )   4地区毎に行う〝会社訪問〟&〝ミニ報告〟
●各種イベント
(年1~2回) 〝会員の横の繋がりや絆〟が更に強くなる会
●ゴルフコンペ
(年1~2回)  学びを離れ、スポーツを通じ絆が深くなる会

支部紹介

新潟支部は県内最大の会員数の支部となります。現在は4つの地区に分かれ夕方から行われる〝支部例会〟や、お昼に集まる〝ランチ会(なじらンチ
)〟等〝時代の変化〟や〝会員の声〟に対応・変化しながら支部活動を行ってきました。
今は新型コロナの影響でオンライン(ZOOM)を中心とした活動が主になります。
また、感染防止対策を行いながら、少人数での集まりも大切だと考えております。
新潟支部の“学び(インプット)” と “実践(アウトプット)”の活動を通じて、一緒に“良い会社”“良い経営者”“良い経営環境”を目指していきませんか?

支部長 平川 幸男すみれ建装株式会社
幹事長 河原 真吾シャインズ・ファクトリー株式会社
筆頭副支部長 品田 敦司株式会社シナゼン
副支部長 長井 裕三株式会社テクノナガイ
小池 茂範小池機工株式会社

お知らせ

まだ記事はありません。

例会案内

  • 12月15日 新潟支部12月例会 『地域の未来は俺が作る「僕が目になるよ!」』~これでいいのか同友会~
    03新潟支部

    報告者 渡辺 修士氏            株式会社弘新機工           代表取締役           (新発田支部)

    会場 リアル参加:駅前オフィス 大会議室(定員50名)、オンライン参加:Zoom

    詳しく見る
  • 11月17日 新潟支部11月例会 『ネジ屋とジーパン屋と産廃屋がCHANGE!! ~いつ変わるの?今でしょ!~』
    03新潟支部

    報告者 小池 茂範氏  小池機工(株) 代表取締役 林 健太郎氏 (有)ファッションハヤシ 代表取締役               猪又 優苗氏 (有)ヤマナリ猪又産業 取締役

    会場 リアル参加:新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」(定員30名)、オンライン参加:Zoom

    詳しく見る
  • 10月20日 新潟支部 10月例会 『コロナで加速する変化とその先、ビジョンを描く』~経営指針とBCP(事業継続計画)で鬼に金棒~
    01合同例会 03新潟支部 25経営労働委員会

    報告者 林 隆史氏             一般社団法人 東京中小企業家同友会 事務局長

    会場 Zoom

    詳しく見る

報告

  • 2021年12月15日 新潟支部例会が開催されました!!

    『地域の未来は俺が作る「僕が目になるよ!」』~これでいいのか同友会~

    新潟支部 12月例会が、ハイブリット形式(リアル x Zoom)開催されました。

    報告者に、株式会社弘新機工 代表取締役 渡辺修士氏(新発田支部)より「企業間連携」「価値創造」をキーワードに報告していただきました。参加者は、総勢38名となりました。

    【所感】

    企業間連携と価値創造 コロナ禍で気付いた価値と自社の強みの必要性を考えさせられました。価値を想像できなければ、企業間連携もやりにくい。自社の強みを持つだけではなく、その強みを際立たせるために、何か新しいチャレンジをしていかなければと気が付かせていただいた例会でした。有難うございました。

     

    報告者:渡辺 修士氏 株式会社弘新機工 代表取締役(新発田支部)
    座 長:寺尾 俊幸氏 ジョイカル豊栄店/有限会社笹山モータース 代表取締役(新潟支部イースト地区)
    室 長:畠山 友之氏 畠山不動産株式会社 代表取締役(新潟支部イースト地区)
    03新潟支部
  • 2021年10月20日 新潟支部x経営労働委員会による例会が開催されました!!

    『コロナで加速する変化とその先、ビジョンを描く』~経営指針とBCP(事業継続計画)で鬼に金棒~

    新潟支部 x 経営労働委員会によるコラボ10月例会が、Zoom開催されました。
    報告者に、一般社団法人東京中小企業家同友会 事務局長 林 隆史氏より「BCP(Business Continuity Plan)」をキーワードに報告していただきました。参加者は、総勢30名となりました。

    【報告の概要】

    ①私達をとりまく多様な外部環境の変化
    ②コロナの変化の中での会員企業の実践例
    ③この先、ポストコロナを見据えてどう活路を見出すのか?を中心にご講演いただきました。
    その後、各グループに分かれ、「今後の社会情勢から、当社にとって何がリスクであり、何がチャンスなのか」と題してグループセッションが行われました。

    【例会のポイント】

    ・変化に目を閉ざすことがもっとも危険
    ・世界を覆うコロナの影響 未曾有の変化の中で 経営者はこれからくる変化に目を凝らして経営の維持し道をしめし、社員とともに歩んでいかなくてはならない。それを自助努力で成し遂げなくてはならない。経営者に今 求められている責任はあまりにも重い!
    ・社員との信頼関係が危機を乗り切る力の源泉。徹本業か拡本業か脱本業か?変化へ対応する。理念ある会社は変化への対応が早い。3つの構造変化(経済のグローバル化の再編・デジタル化の加速、人々の意識の変化)が社会を動かす。
    ・BCPとしての企業間連携 ・多様な危機をチャンスにする。そのために普段のBCPに取り組むとともに、自社の強みを知り、磨き上げ、チェンジをチャンスに変えよう。
    などについて、中小企業家同友会会員による事例を交えながら詳細に解説して頂きました。

    【所感】

    ・BCPというと、「とっつきにくい」「慌てて作る必要がない」と思いがちで、先送りにしてきた感がありますが、身の丈にあったBCPがあることを知りました。
    ・このご講演で災害以外にも多様な社会構造の変化があり、しかもコロナ禍により加速されている現実があり、変化に対応できないと生き残りは難しくなるのだと思いました。
    ・厳しい業界でも、新しいアイデアで新規事業に取り組んでいる事例が紹介されましたが、こういったことは、日頃から経営者と社員との信頼関係がないと生まれないんだと思います。私も変化への対応を経営指針に落とし込み、イノベーションが生まれる土壌を作っていきたいと思います。
    ・350ページ近くもある膨大な資料は、今後の外部環境を分析する貴重な資料になります。本当にこの例会に参加して良かったです。

     

    報告者:林 隆史氏   一般社団法人 東京中小企業家同友会 事務局長
    座 長:酒井 巳喜雄氏 研冷工業(株) 代表取締役(新潟支部セントラル地区)
    室 長:鈴木 一氏   (有)鈴文 代表取締役(三条支部)
    01合同例会 03新潟支部 25経営労働委員会
  • 2021年9月15日 新潟支部例会が開催されました!!

    『今の現状に満足してはいけない!!ピンチをチャンスに変える発想の転換!!』

    新潟支部9月例会が、Zoom開催されました。

    報告者に、株式会社コスモツーリスト 代表取締役 金子 專氏(会員外)より人材育成・自社の強み・スピード・発想の転換をキーワードに報告していただきました。参加者は総勢42名となりました。

     

    【ポイント】

    1.コロナ禍においてピンチをチャンスに変える発想の展開。

    2.自社、自分の強みとは?人材育成とスピード

    3.常日頃から自社、自分の強みを知っていればピンチが来てもチャンスに変えれる。スピードのある発想の転換ができる!常に考えておく必要かある

    報告者 金子 專氏 (株)コスモツーリスト 代表取締役(会員外)
    座 長 峯島 百代氏 フリーアナウンサー(新潟支部ウエスト地区)
    室 長 鶴田 雄介氏 新潟肉と海鮮・50種の地酒つるまる 代表(新潟支部ウエスト地区)

      

    03新潟支部
     

入会案内・お問い合わせ

中小企業の経営者及びこれに準ずる方で、会の趣旨に賛同される方は、どなたでもご入会いただけます。
また、会員企業の社員の方や会員でない方も参加できる行事があります。

025-287-0650
メールでのお問い合わせ