新潟県中小企業家同友会
025-287-0650 お問い合わせ

新潟支部

何が問題なのか? 一人で悩んでいませんか?
新潟支部で自社(自身)の経営課題を発見できます!

このキーワードが気になったら・・・
「後継者がいない・・・」「社員がすぐに辞める・・・」「事業がうまくいかない・・・」
「5年後の会社がイメージできない・・・」「経営理念がない・・・」 等

「本を読む事も大切、それ以上に〝 生の経営者の実践(声)を聴く事 〟も大切!

具体的な活動内容

●支部例会
(毎月1回) 〝経営体験(実践)報告〟&〝グループ討論〟
●なじらンチ
(毎月2回)  お昼を持ち寄り〝近況報告〟&〝お悩み相談〟
●たまひよ勉強会
(毎月1回) 〝新米経営者と先輩経営者〟の手作り勉強会
●会員企業訪問
( 不定期 )   4地区毎に行う〝会社訪問〟&〝ミニ報告〟
●各種イベント
(年1~2回) 〝会員の横の繋がりや絆〟が更に強くなる会
●ゴルフコンペ
(年1~2回)  学びを離れ、スポーツを通じ絆が深くなる会

支部紹介

新潟支部は県内最大の会員数の支部となります。現在は4つの地区に分かれ夕方から行われる〝支部例会〟や、お昼に集まる〝ランチ会(なじらンチ
)〟等〝時代の変化〟や〝会員の声〟に対応・変化しながら支部活動を行ってきました。
今は新型コロナの影響でオンライン(ZOOM)を中心とした活動が主になります。
また、感染防止対策を行いながら、少人数での集まりも大切だと考えております。
新潟支部の“学び(インプット)” と “実践(アウトプット)”の活動を通じて、一緒に“良い会社”“良い経営者”“良い経営環境”を目指していきませんか?

支部長 平川 幸男すみれ建装株式会社
幹事長 河原 真吾シャインズ・ファクトリー株式会社
筆頭副支部長 品田 敦司株式会社シナゼン
副支部長 長井 裕三株式会社テクノナガイ
小池 茂範小池機工株式会社

お知らせ

まだ記事はありません。

例会案内

  • 10月20日 新潟支部 10月例会 『コロナで加速する変化とその先、ビジョンを描く』~経営指針とBCP(事業継続計画)で鬼に金棒~
    01合同例会 03新潟支部 25経営労働委員会

    報告者 林 隆史氏             一般社団法人 東京中小企業家同友会 事務局長

    会場 Zoom

    詳しく見る
  • 9月15日 新潟支部 9月例会 『今の現状に満足してはいけない!!ピンチをチャンスに変える発想の転換』
    03新潟支部

    報告者 金子 専氏                   株式会社コスモツーリスト      代表取締役

    会場 Zoom

    詳しく見る
  • 8月18日 新潟支部 8月例会 『本音を引き出し組織を作る』組織融和の鍵はコレだった!
    03新潟支部

    報告者 佐藤 貴子氏             株式会社アドハウスパブリック    アカウントディレクター      (新潟支部セントラル地区)

    会場 Zoom

    詳しく見る

報告

  • 2021年9月15日 新潟支部例会が開催されました!!

    『今の現状に満足してはいけない!!ピンチをチャンスに変える発想の転換!!』

    新潟支部9月例会が、Zoom開催されました。

    報告者に、株式会社コスモツーリスト 代表取締役 金子 專氏(会員外)より人材育成・自社の強み・スピード・発想の転換をキーワードに報告していただきました。参加者は総勢42名となりました。

     

    【ポイント】

    1.コロナ禍においてピンチをチャンスに変える発想の展開。

    2.自社、自分の強みとは?人材育成とスピード

    3.常日頃から自社、自分の強みを知っていればピンチが来てもチャンスに変えれる。スピードのある発想の転換ができる!常に考えておく必要かある

    報告者 金子 專氏 (株)コスモツーリスト 代表取締役(会員外)
    座 長 峯島 百代氏 フリーアナウンサー(新潟支部ウエスト地区)
    室 長 鶴田 雄介氏 新潟肉と海鮮・50種の地酒つるまる 代表(新潟支部ウエスト地区)

      

    03新潟支部
  • 2021年8月18日 新潟支部例会が開催されました!!

    『本音を引き出し組織を作る~組織融和の鍵はコレだった!』

    新潟支部8月例会が、Zoom開催されました。

    報告者に、株式会社アドハウスパブリック アカウントディレクター 佐藤 貴子氏(新潟支部セントラル地区会員)より人材育成・組織融和・心理的安全性をキーワードに報告していただきました。参加者は総勢50名となりました。

     

    【ポイント】

    ・本音を引き出すためにはまずは心許せる関係性つくりから。本音は、受け止めてもらえるという安心感=心理的安全性がなければ引き出せない。

    ・本音は往々にして本質と感情が入り混じっている。問題の本質や事実を聞くことと相手の感情を切り離して聞くこともマネージメントスキルとして不可欠。

    ・山本五十六の言葉『やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ。話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。』をたとえに、信頼し、任せることでグンと成長できる。任せるということは主体的に考えることに繋がり、自分事に考える経験の積み重ねがチーム力向上に大きく貢献する。

    ・小集団活動(数名のグループでの改善活動・ボトムアップ活動)で考えを言葉にする練習が必要。進行役を持ち回りにすることで、主体的に考える訓練になる。参加するだけではなく、企画する側も経験することで、「参加者」から「参画者」と成長するきっかけとなる。

    ・企業の長期的成長や組織力の底上げには採用力(いい人材を確保すること)よりも育成力が大切である。そのため、育成する側が評価される仕組みや制度を設けることも重要。出来る人が増えることで業務の属人化を防ぎ、また業務量の偏りを防ぐ等、組織の課題解決には育成に注力していく必要がある。

    ・経営者一人で全体の組織融和は不可能。社長が、幹部が、社員それぞれが、それぞれの立場できることがあり、それを形として落とし込む作業は経営者の役割であり責任である。

    例会を通じて、組織融和は一日にして成らずと実感しました。そして、日常の育成や時間の積み重ねの質が重要で地道に行って初めて心理的安全性が築けると感じました。また、心理的安全性を構築して~と社員に丸投げせず、会社としてきちんと関係性の構築の仕方や年齢や勤続年数関係なく想いの届け方の注意点等を共有をすることも必要なんだと認識しました。自己満足の組織融和にならないように、経営者は社員の声にしっかりと耳を傾ける必要があると思います。それが主体者を増やすことにもつながり、特定の人物に依存しない、本当の意味で結束力のある強い企業になれると感じました。

    報告者 佐藤 貴子氏 (株)アドハウスパブリック アカウントディレクター(新潟支部セントラル地区)
    座 長 猪又 優苗氏 (有)ヤマナリ猪又産業 取締役(新潟支部セントラル地区)
    室 長 林 健太郎氏 (有)ファッションハヤシ 取締役社長(新潟支部サウス地区)

     

      

    03新潟支部
  • 2021年7月21日 新潟支部X食部会 合同例会が開催されました!

    『人と生きる経営、経営者の仕事とは』~同友会の学びから得て感じる実践経営~

    新潟支部と食部会による合同例会が開催されました。

    群馬同友会のグリンリーフ株式会社 代表取締役 澤浦 彰治氏より経営体験報告をして頂きました。朱鷺メッセ中会議室とZoomによるハイブリット開催で参加者は総勢60名となりました。

    【ポイント】

    ・急激に、劇的な変化に対応するため、連峰経営をおこなっており、一社だけでは出来ないことが他社と協力し合い、連携することで新しい成果を生みだしている。

    ・大家族経営という事で社員とのつながりを大切にし、女性の出産、育児での雇用難などで女性へのフォローとして子供と一緒に働ける会社づくりを取り組み、社内託児所の建設など働きやすい環境を整えている。また成果の見える化として評価制度や賃金制度の作成、教育制度の改革として財務勉強会をひらいたり、自主的学習の支援をしている。ただし、社員を一番たいせつにしつつも、厳しく優しい会社として価値観の合わない行動を取る社員に、その行動を改めるか?それとも退社か?をはっきり伝えている。

    ・理念は語るだけでは戯言、キレイゴト。理念を具体的な形にすることが大切で、そのやり方の知識、実行力が必要とのこと。

    例会を通じて感じたことは、社長の仕事とはどうゆうものか考えさせられ、大変勉強になりました。

    報告者 澤浦 彰治氏 グリンリーフ㈱ 代表取締役(群馬同友会)
    座 長 木村 由美氏 ㈱西武商会 代表取締役副社長(新潟支部セントラル地区)
    室 長 太田 新太郎氏 ㈱百花園 専務(新潟支部ウエスト地区)

     

     

    01合同例会 03新潟支部 食部会
     

入会案内・お問い合わせ

中小企業の経営者及びこれに準ずる方で、会の趣旨に賛同される方は、どなたでもご入会いただけます。
また、会員企業の社員の方や会員でない方も参加できる行事があります。

025-287-0650
メールでのお問い合わせ