新潟県中小企業家同友会
025-287-0650 お問い合わせ

味覚は変わるよ、いつの日か。

みなさま、こんにちは。

やってきました水曜日。今回は西村が担当です。

 

子供の頃は嫌いだったものが、

大人になったら食べられるようになった。

ということはよく聞かれます。

 

私は子供の頃・・・というか、20代前半まで、

納豆が大嫌いでした。

納豆のニオイが好きになれず。

小学生の時は、

「給食を食べきらなければお昼休みに入ることができない」という地獄ルールがあり(今の学校はそんなことないみたいですね)、

納豆を食べられずにひとり残っていた記憶があります。

家族はみな納豆が好きで、

食卓に納豆が出る時は、口呼吸で耐えていました(咀嚼中は大変)。

 

そんな私がなぜ納豆を食べられるようになったのか。

そもそも、なぜ食べようと思ったのか。

 

「健康は、何もしないと損なわれていく」と実感したことがきっかけです。

今となっては、なぜそう実感したのかは忘れてしまいましたが、

30歳前にして、

健康を維持するためには、これまでと同じ生活ではダメなんだなと身体が感じたのでしょう。

そして、

「今までと違うこと」の最たるもの?が、

「健康に良いと言われる、私が大嫌いな納豆を食べる」ことでした。

試行錯誤の末、

「納豆×大根おろし」という組み合わせで、私は納豆嫌いを克服することができました。

納豆のニオイが嫌いな方は、ぜひ試してみてください。

 

最近、

息子がピーマン好きになりました。

「今日は、ピーマンの肉詰めだよ」と言うと、「ヨッシャ!」と胸元でガッツポーズ。

え。何があった?

好きじゃないと言っていたパプリカも、

赤パプリカに対しては拒否反応を示さなくなってきました。

黄パプリカはNGだそうです。

え。違いなに?

 

「味覚の発達のピークは12歳」というある研究結果を見つけました。

美味しい食材たくさんの新潟で、

美味しく、楽しく、味覚を育てていきましょう。

※掲載ランキング=(株)ぐるなび2018年実施の「小学生が嫌いな食べ物ランキング」

一覧に戻る
     

入会案内・お問い合わせ

中小企業の経営者及びこれに準ずる方で、会の趣旨に賛同される方は、どなたでもご入会いただけます。
また、会員企業の社員の方や会員でない方も参加できる行事があります。

025-287-0650
メールでのお問い合わせ